今旬の!芸能特集

ゼクシィCMガール高学歴美女の井桁弘恵、仮面ライダーゼロワンに出演(9月1日放送予定)

投稿日:

井桁弘恵(いげた・ひろえ)
1997年2月3日生まれ、福岡県出身。
結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)の11代目CMガールを務めたほか、数多くのCMに出演。
8月16日公開の映画『イソップの思うツボ』ではヒロインのひとりを務める。
身長は170センチで「食生活アドバイザー」3級、「化粧品検定」2級などの資格も所持。

「ゼクシィ」の11代目CMガールを務め、映画に特撮にとあらゆる分野で注目を集める女優の素顔とは?

特撮の聖地」こと大泉にある東映東京撮影所で、カメラに向かってはにかむ彼女女優・井桁弘恵は9月1日から放送開始予定の、令和初の仮面ライダー『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)で、AIによるトラブルを取り締まる内閣官房直属の特務機関の職員役で出演する。

難しいな。。(笑)

役に足しての思いは?

「本作はAIが普及した社会を舞台にしていることもあって専門用語は多いですし、これまで演じてきた役と違いますね。アクションも難なくこなす、冷静で強い女性ライダーという役柄は、とても新鮮です。今は本読みの段階なので、脚本を覚える以外には、撮影で使うゴム製の拳銃を借りてきて、自宅で構え方を研究しています。はたから見ると少しシュールかもしれませんが、ひとりで鏡を見ながらいろいろシミュレーションしています(笑)」

彼女が本格的に芸能活動を始めたのは

上京して早稲田大学に進学してから。在学中は朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)のレポーターとしても活躍し、18年には結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)の11代目CMガールに抜擢される。

「『ゼクシィ』のCMが決まったタイミングというのが、ちょうど周りが就職活動シーズンだったこともあったので、選ばれたことで『これが私の仕事なんだ』という覚悟が決まりました。友人関係は高校生のときから、広く浅くというか……。私、身長も高く、無口でいるとしっかりした第一印象をよく持たれますし、怖がられるのですが、仲良くなるといじられることが多かったですね」

 まさに「才色兼備」という言葉がぴったりな彼女だが、所属している事務所ホームページのプロフィール欄にある、井桁のインスタグラムが開けなかった旨を伝えると、

「えっ、本当ですか? 私が事務所に言わず、気まぐれでアカウント名を変えちゃったからですかね。そんな弊害が起きちゃうんだ……。ホームページのプロフ回りを資格とかでガチガチに固めているんですけど、実際にフタを開けたら私、ポンコツなところがあるので……」

と、あたふた。

 マネージャーが即座に対応したおかげで無事開けるようになったが、そんな彼女の少し天然っぽいところも、いじられキャラのゆえんか。

-今旬の!芸能特集

執筆者: