エンスタ

コアでコアなコアのための情報製造所

今旬の!芸能特集

『オクニョ運命の女(ひと)』のチン・セヨン初恋の記憶はない!好きなのは、すき焼き、ドン・キホーテ、うまい棒のシュガーラスク味

投稿日:

1994年2月15日生まれ。
’09年のCM出演で芸能界デビュー。
翌年のドラマ「大丈夫、パパの娘だから」で
演技に初挑戦。
’11年のドラマ「私の娘コンニム」に主演し
注目を集める。
『蒼のピアニスト」 (’12年)で
チュ・ジフン、チ・チャンウクと、
『感激時代~闘神の誕生』(’14年) で
キム・ヒョンジュンと共演したのち、
「オクニョ 運命の女(ひと)」(’16 年)、
「不滅の恋人」(’78年)と主演した時代劇が
日本でも大人気に。
7月18日に は、東京・ニッショーホールで
ファンミーティングが開催される。

NHKでも放送された韓国時代劇
『オクニョ 運命の女(ひと)」や
『不滅の恋人』などの人気ドラマに主演し、
時代劇クイーン として愛されているチン・セヨン。

王妃を選ぶサバイバル

オーディションがあった最新主演ドラマ
『操択 (カンテク) ~女人たちの戦争~(原題)」
も彼女の魅力が光る史劇。

揉択とは、9 世紀の朝鮮王朝時代に行われた
王や王子の配偶者を選ぶ儀式のこと。
王妃として宮中に入るはずだった双子の姉
ウンギを殺害した犯人を見つ けるために
摂択というサバイバルオーディションに挑む
ウンボを演じている。

「今回の作品で特に重要視したことは、
感情の変化。でした。
初めは王を疑いながら、姉を殺した
犯人を捕まえようという気持ち」

でも時代劇を積極的に見るタイプではなかったんです(笑)。
でも、 日本でも多くの方に愛していただいて
いるこのドラマをきっかけに、
韓服の美しさや韓屋(韓国の伝統的な様式で建てられた家)
に魅了されるようになりました。
いまでは、時代劇の台本に愛着を感じているほどです(笑)」

日本のファンのみなさんから、
力をもらっています

「私が出演する作品を見てくださった
という言葉をよくいただきます。
そのたびに、私のほうが勇気づけられているんですよ」

日本で楽しみにしていること!

必ずドン・キホーテに行きます!
あと、絶対に行くすき焼き屋さんがあるんです。
7月に日本でファンミーテ イングを開催するんですが、
そのときも大好きなすき焼きを食べに
行くんじゃないかなと思います(笑)。
日本 に行ったら、ならではのものが食べたくて。
「今日は何に しようかな~」って悩めるのが幸せです(笑)。

はまっていものは?

日本のうまい棒のシュガーラスク味が本当に好き。
ファンのみなさんからプレゼントとし ていただいて、
たくさん食べましたね(笑)。
いまは、 グミキャンディーが好き。
日本のグミやこんにゃくゼリーって有名ですよね?
韓国にも日本のグミがたくさん売っていて、
よく食べています。

初恋の相手と大人になって再会。憧れます

初恋といえるような記憶がないんです。
だから、ウンボと王がとてもうらやましくて(笑)。
お互いに幼いころの初恋の相手で、
大人になって再会するっていいですよね。
こういうドラマチックな出会いに憧れが あります(笑)。
大人になったウンボと王がどのように
惹かれ合っていくのか、そして、
それぞれの気持ちを確認し合えるのかという
部分を中心にドラマを楽しんでいただけたらと思います。
朝鮮時代の無択について詳細に描いている点も
新鮮な印象を持っていただけると思いますので、
ぜひ期待してください!」

-今旬の!芸能特集

執筆者: