今旬の!芸能特集

パク・ボゴムの初のアルバム「blue bird」ピアノ伴奏に作詞と初挑戦ファンに愛を込めて

投稿日:

アジアが恋するスター

主演ドラマ「雲が描いた月明 り」「ボーイフレンド」
などで絶大な人気を誇る韓国人俳優パク・ボゴム。
昨年、シングル『Bloomin』で日本で歌手デビュー
を果たした彼が、3月8日にファン待望の
ファーストアルバム「blue bird」を発売した。

アルバムには大切な人に贈る『Dear My Friend』をはじめ、
自らピアノ伴奏したデビュー曲『Bloomin』の
アコースティック・バージョンや、
作詞に初挑戦した「空を見上げてごらん」など11曲。

思いを込めたアルバムの聴きどころ

「個人的には『Dear My Friend』の、
ファンのみなさんへの感謝の気持ちを
表現した歌詞がすごく好きです。
僕の韓国のファンクラブの名前は
ボゴムボクチブ (ボゴム福祉部)で、
キャッチフレーズはカになる生涯の友
なんですが、この『Dear My Friend』
という曲のテーマとぴったり重なるんです。」

感謝の気持ちと愛を込めた歌詞になっていて、
僕のそばにいる大切な人や
僕を応援してくれている
ファンのみなさんや家族、
友人、たくさんの人への気持ちを表現しています。

大切な人を思う理由

僕を無条件に愛してくれる
みなさんの温かい気持ちを
いつもしっかりと感じていて、
その思いを表現したくて、
作詞に挑戦してみました。
お会いできないときでも、
音楽なら日々の生活の中で折に触れて
楽しんでいただけるんじゃないかと思って。
歌詞を通じて、僕を感じてもらえたら嬉しいです。

みなさんはいろんな国に住んでいるけれど、
みんな同じ空の下にいるんだよ
ということを覚えていてほしい。
いつも、そう思っています。

-今旬の!芸能特集

執筆者: