キラキラ輝く!美と健康特集

ピルが避妊はもう古い!?生理痛緩和・子宮内膜症予防と治療・ニキビ治療。ピルの誤解と正解

投稿日:

かつては専ら「避妊具」で、ともすれば「アバズレ」などという言葉とセットにされていたピルが、昨今では、生理痛緩和・子宮内膜症予防と治療・ニキビ治療などに有効な薬として処方されていることをご存じですか?

「現役女子高生 ピル飲んでます」というツイートが、この夏、話題になった。保健の授業での教師の発言に傷ついた経験を書き込んだもので、5月15日の発信以来、8月時点でリツイートは6万2000件超、「いいね」も9万8000件強に達した。ピルユーザーが本気で訴えたい‶現実″とは―――

ピルは、1960年にアメリカで経口避妊薬として開発され、今や世界中で広く使われている。「日本の場合、避妊法というとコンドームの利用者が多いですが、避妊に失敗する確率を比べると、コンドームの使用時が18%あるのに対し、ピルをきちんとのめば0.3%ピルはかなり優れた避妊法です」と言うのは、赤羽駅前女性クリニック院長で産婦人科専門医の深沢瞳子さん。

「ですが昨今、避妊以外の目的でピルが処方されていることは世間的にはあまり知られていません。ピルは今や、月経前症候群や生理痛など、生理に関連した諸症状、子宮内膜症などの治療や予防に使われているのです」(深沢さん・以下同)

 実際、女性を対象にした調査でピルに対するイメージを聞いたところ、「避妊できる」が最も多かったものの、使用し始めたきっかけでは「生理痛を軽減したい」などの生理に関する不調改善や、婦人科系疾患の治療目的が半数を超え、避妊目的は2割強だった(次ページの表参照)。

「子宮内膜症の治療目的でピルを処方され、調剤薬局で購入しようとした大学生が、職業欄を未記入にしたところ、薬剤師から『性風俗で働いているのか』と聞かれ、泣いて帰ったという話があります。薬剤師でもピルに対する知識がその程度とは、悲しい現実です。ピルは女性の体を守り、生活改善のためにも有効な薬だと、声を大にして訴えたいです」

噂レベルの話に惑わされず、正しい知識を得よう。

 

5月15日 聞いてください 現役女子高生ピル飲んでます 偏見をなくしたいです この間、保健の授業で先生が「皆さんの中で飲んでいる人はいないと思うけど」と言っていて悲しくなりました その教育遅れてません? ピルは「避妊」目的だけじゃありません 教師が進んで生理が辛い女の子の肩身狭めないで

5月15日 教科書にも「避妊法」の1部としてしか紹介されていませんでした これはピル=避妊目的と生徒がとっても仕方がない 私だって自分のプライベートなことこんなふうに言いたくはないですけど、偏見によって肩身狭い思いもしたくないし、これからピルを飲む子にもそれはさせたくない

5月15日 ピルを持ってて「うわっビッチだヤリマンだ」とかそんな心無いこと言う人はいないと思うけど「そうなのかな…」と思う人はいるよね 必ずしもそうじゃないよ!私みたいに病気の治療として飲んでる人も大勢います とくに学生なんかはほとんどそうだと思います

5月15日 今現在私も「ピルの容器は新聞紙に包んで捨てなさい」と言われます なぜ?ほかの薬とかわらないのに でもそれは「ピルは避妊薬」という偏見が蔓延っているせいだと思います 1人でも多くの人に知って欲しい 生理は恥ずかしいことじゃない!全ての女の子に声を大にして言いたい!

教えてくれたのはこの人 

赤羽駅前女性クリニック院長 深沢瞳子さん

産婦人科専門医、腹腔鏡技術認定医、女性ヘルスケア専門医。クリニックには、ピル専門医外来もある。

ピル 誤解と正解 不安に答えます ピルのQ&A

ともすれば、ピルにはマイナスのイメージがつきまとう、婦人科に行く前に知っておきたい疑問を、婦人科医の深沢さんに聞きました。

Q 何才からのんでいいの?

A 初経から3周期後であれば服用可。「WHOの医学的適用基準では、初経があれば安全にのめるとあり、生理が3回起きていれば、中高生であってものめます。上限は月経があるうちで、50才まで」。また、アスリートのピルによるコンディション調整も認められていて、ドーピング検査でも問題ない。

Q 副作用はある?

A ある。「重大な副作用として、1万人に3~9人の割合で、血管内に血栓が詰まる血栓症が報告されています。ほかにも、不正出血、吐き気、胸が張る、頭痛などの症状があります。一般に3か月ほどのみ続けると消失しますが、気になる症状があれば、すぐに医師に相談してください」。

Q のみ忘れたら効果はない?

A 避妊効果は減弱する。「のみ忘れた時点ですぐにのみ、その日の分も通常通り(つまりその日は2錠)のめば問題ありません。避妊以外の治療目的の場合は、数日ののみ忘れは治療効果に影響はありませんが、不正出血が起きる可能性があると頭に入れておきましょう」。

Q ニキビ改善のために男性がのんでもOK

A「ピルはあくまでも女性がのむための薬。重大な副作用である血栓のできるリスクが高くなったり、男性不妊になる可能性があります。適切な調査データもないので、男性にはおすすめしません」

Q のむと太る?

A 太らない。かつてのピルは、太る、むくむなどの症状が出るといわれていた。しかし、「現在使われている低用量ピルと超低用量ピルの場合、服用と体重の増加に因果関係はないとの研究結果が報告されています」。

Q 不妊になる?

A ならない。服用期間中は排卵が抑えられ、避妊効果があるが、服用中止後、早ければ翌月、遅くとも3か月後には排卵があり、妊娠可能になる。澤穂希さんは現役引退後に結婚して服用をやめたところ、すぐに妊娠したそう。「ピルには子宮内膜症の予防効果があるので、将来の不妊予防にもなります」。

Q がんのリスクがある、という話もあるが・・?

A「ピルの服用によって卵巣がん、子宮体がん、大腸がんのリスクは大幅に下がります。乳がんと子宮頸がんに関しては微増するという報告がありますが、どちらも年1回、きちんと検診すれば、がんの早期発見も可能ですから、心配しすぎるのもよくありません。一方、初期発見が難しいとされる卵巣がんのリスクは5年服用で5%、10年以上で50%以上下がり、子宮体がんのリスクは4年で56%、8年で67%も下がり、服用をやめても効果は20年以上続くデータがあります!

乳がん 大腸がん 子宮体がん むむむ・・・

-キラキラ輝く!美と健康特集

執筆者: