今旬の!芸能特集

広瀬すずドラム姿で撮影。結婚と一軒家を語る「一度死んでみた」でコメディに初挑戦

投稿日:

ひろせすず 1998年6月8日 生まれ。静岡県出身

照れくさそうに笑いながら

ドラム椅子に座る広瀬すず。
昨年は、朝ドラから休みなく初舞台の稽古に入り、
まさに走り抜けた一年だった。

「自分では忙しかった実感はあんまりないですけど、
人との距離感は変わったかもしれないです。
もともと人見知りで、
プライベートは一匹狼なタイプだったんです。
朝ドラはぐいぐい来て、
心をこじ開けてくれる人が多くて、
自然と休みの日も
『みんなどうしてるかな、連絡しようかな』と、
思うようになりました」

三月二十日公開の映画「一度死んでみた」

コメディに初挑戦。
一月に公開された岩井俊二監督「ラストレター」との
振り幅に驚かされる人も多いだろう。
「短い間に二作 品を撮影したので、
自分でも気持ちが追い付かなかった」
と笑う。

女優として確たる地位を築きつつある彼女は、
この先にどんなビジョンを描いているのか。

「何が待っているんだろうと思う反面、
いっそもう結婚したい! という自分もいます。
恋愛とか子育てとか、
経験しておかないとできない
演技がいっぱいあると思うんですけど、
十代の頃は、誰かを大切に想ったり、
そういう感情は持っちゃいけないのかなぁ
と思っていました。
結婚したらそのあたりもオープンになるから、
結婚してお母さんになって、
一軒家建てたりしたいなって
(笑)」

-今旬の!芸能特集

執筆者: